最高の節税対策「グリーン投資減税」

最高の節税対策をご提案致します!

法人保険よりはるかにお得な
産業用太陽光発電で節税対策!!

決算時の節税対策には、どこの企業様も頭を悩ませていることが多いかと思います。
今までの大きな節税対策としては、法人保険を掛けるといった手法が一般的であったかと思います。
しかし、平成24年度7月よりグリーン投資減税の特別償却というものが施行され、1番効果的な節税対策が変わりました。

グリーン投資減税による税制優遇処置の拡大

  • 基準習得価格の7%税額控除(中小企業に限る)
  • 普通償却に加え、基準習得価格の30%特別償却
  • 青色申告をしている法人又は個人を対象に取得価額を100%即時償却

産業用太陽光発電なら100%即時償却が可能です!!

産業用太陽光発電ならグリーン投資減税を利用することで、初年度100%償却が可能になります。
仮に1億円の節税をする際、通常であれば、40%(4000万円)程度の法人税を支払う必要があります。
しかし、グリーン投資減税を利用した産業用太陽光発電であれば、1億円分の投資することで、法人税を最低ラインまで減らす事が可能です。

導入条件

経営利益
2,000万円
法人税
40%
太陽光発電導入費
1,600万円(1kWあたり約32万円)
設置容量
50kW
パネルメーカー
カナディアンソーラー
通常の法人税 2,000万円×40%=510万円
グリーン投資減税適用後(100%即時償却) 2,000万円-1,600万円=400万円400万円×40%=160万円
節税効果 グリーン投資減税を活用する事で350万円の節税効果があります!

節税効果だけじゃありません。安定収入も得られるチャンスです。

産業用太陽光発電の魅力はなんといっても20年間の売電収入が得られる事です。
通常のご家庭に設置する10kW未満の太陽光発電の場合は「余剰買取制度」しか利用することができません。
また、買取期間も10年です。
しかし、10kW以上の産業用太陽光発電であれば発電した電力全てを買取してもらう「全量買取制度」が適用されます。
さらに買取期間も20年と収益モデルとしてもこれ以上に ないほどの魅力を持っています。
尚、産業用太陽光発電=全量買取制度のみと考えられがちですが、余剰買取制度の利用も可能ですので、
節税、収入、節電と目的に応じてもっとも最適なモデルを選択できるのも魅力の一つです。

対象となる建物 設置パネル 固定買取期間 買取価格
一般的な住宅 10kW未満 10年間 37円/kW(税込)
工場、空き地、集合住宅など 10kW以上 20年間 32円/kW(税抜)
  • ※一般的な住宅でも10kW以上の導入が可能な場合は固定買取制度の対象となります。
  • ※10kW未満の場合は余剰電力の買取制度となり、買取期間と買取価格が異なります。
  • ※買取価格は2014年度の数値です。

10年以内に回収、改修後から買取満了までは安定収入!

導入条件

設置場所
福岡県
設置内容
50kW
年間発電量
55772.16kWh
売電単価
34.5円(税抜32円、消費税8%)
パネルメーカー
カナディアンソーラー
年間売電額 55,772.16kWh×34.5円=1,924,139円
投資回収年数 1,600万円÷1,924,139万円=8.3年
投資額回収後からの売電収入 11.7年×1,924,139円=22,512,426円

節税に関するノウハウと
無料シミュレーションサービス

今回ご紹介致しました「100%即時償却」のデータは分かりやすくご案内する為に以下の情報は含まれていません。
【固定資産税 / メンテナンス費用 / 発電性能劣化率 / 保険料 …etc】
より詳細なお見積もりが必要な場合は、下記お問い合わせフォームよりお気軽にご相談下さい。
なお、年度末が近づくに連れて駆け込みで設置をご検討される方が多く、当期の節税対策に間に合わないケースが御座います。
節税対策をお考えの方はお早めにご相談下さい。

私たちが節税に関するノウハウをご説明致します。

古谷数人

産業用太陽光発電担当古谷 数人

松田寿信

産業用太陽光発電担当松田 寿信

無料シミュレーションサービス

100%現金から借り入れまで細かいシミュレーションでお客様に最適なプランをご提案致します。

無料シミュレーションサービス